FC2ブログ

枯木チャリダー

定年後から、自転車での分割日本一周とその後の走行記録、そしてお四国歩き遍路


胡人俑、ゾクゾクする造形美



見たくて見たくて
大阪中ノ島の大阪市立東洋陶磁美術館に出かけました
開館35周年記念・日中国交正常化45周年記念特別展「唐代胡人俑―シルクロードを駆けた夢」

2001年に甘粛省慶城県で発見された唐時代(618-907)の穆泰(ぼくたい)墓(730年)から出土した胡人俑(こじんよう)の数々

胡人俑とは、唐時代のシルクロード文化を象徴するものの一つであるエキゾチックな風貌の胡人(ソグド人などの異民族を指す中国における名称)を表現した陶俑(副葬用の陶製人形)





















釘付けでした




にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ





スポンサーサイト

Comments

 
ホント、素敵ですね。私も好きです。大きさは どれくらいなのかなぁ?
セリーヌさんへ 
30~40センチぐらいかな

 
枯木さんは、この写真の中では どれにいちばん 魅了されたのかなぁ?
セリーヌさんへ 
いちばん下
 
ホント?いい加減に答えてないよね?
私は 6番目(7番目)だなぁ。7番目のしぐさが6番目の顔から想像できなくて。この顔、凄く好き。鏡の前で ちょっと真似てみたけど かなわない。頑張ります。
 無題 
 女性への、愛ですか・・・
 それとも、憎ですか、揶揄ですか・・・

 深い愛のまなざしも感じますが・・・
 6番目の女性像の前で素直になれました。
 
ほつ枝さま。6番目の像は女性なんですか?あちゃー、私はてっきり男性かと思いました。7番目のしぐさが何となく女性っぽいから 6番目の顔からは想像できなかったのですが。ま、どちらにしても この顔 好きです。ほつ枝さまの「素直になれた」の心を知りたいです。(枯木さん、おいてきぼりでごめんなさいよ)
参戦 
その時代にあったのかどうかですが・・
旅芸人みたいですよ
男のようで女のようで・・・

 
ほつ枝さま。お心の中へズケズケと押し入ってごめんなさい。でも、本当に知りたかったのです。遠い昔やった現国の試験問題「作者の真意を述べよ」を解くように考えてみたのですが答えがわからない。昨年成仏した私の母はいろんな事に精通していました。文学少女で育ち、音楽も好き、美術も得意。裁縫はプロ並み。文学者、芸術家については私の知らない人の事もその作品を含めて詳しく知っていました。お気に入りの作品は覚えていて空でろうろうと吟じていました。女学校時代の友人の作の俳句まで記憶していました。また、とってもロマンチストでした。そんな母をほつ枝さまに勝手にかさねていました。母なら6番目の像をどう感じただろうか?ほつ枝さまの感性をどう解釈しただろうか?あぁー母が側にいたらどんなに良いだろう!
枯木さん!本当は知ってるんでしょ?どっちにもいい顔して!私は本当の事が知りたいです。
 生きる 
 次世代への命を生む。 女性であると決めたのは
 肩幅の違いです。
 それと、この苦悩は女性特有のものと思いもします。

 「幽霊」というのは、「女」です。
 
ほつ枝さま おはようございます。
うーん・・やっぱり ほつ枝さまとは 表現能力において差があり過ぎるようです。余計難解になってきました。諦めます。ありがとうございました。
枯木さん おはようございます。私 またしばらく 休憩します。
 
東洋陶磁美術館は本当にいいですよね!素晴らしいコレクションを持っていると思います。妻にここはいいんだ、といって東京からむりくり連れて行ったこともあります(笑)。
TORUさんへ 
常設の青磁がすごいらしいですが、なかなか私には難しいです


« »

01 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

枯木チャリダー

Author:枯木チャリダー
大阪府在住
1948年生

定年後あしかけ3年、2012年夏「分割日本一周」を達成
165日間、13200キロの記録と
その後のボケ具合の記録です
2014年お四国通し歩き遍路結願
日本縦断自転車旅を継続中のつもり

カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QRコード
カウンター

Archive RSS Login